ホーム 製品繊維の光学トランシーバー

40KMの間隔1310nmの単一モードSfpギガビットのイーサネット モジュール1.25Gb/s ISOの承認

40KMの間隔1310nmの単一モードSfpギガビットのイーサネット モジュール1.25Gb/s ISOの承認

40KM Distance 1310nm Single Mode Sfp Gigabit Ethernet Module 1.25Gb/s ISO Approval

商品の詳細:

起源の場所: 深セン、中国
ブランド名: Transcom
証明: ISO FCC CE RoSH
モデル番号: TS-SF-1312-40D

お支払配送条件:

最小注文数量: 1pcs
パッケージの詳細: 標準パッケージ
受渡し時間: 3-5 日
支払条件: T/T
今すぐお問い合わせ
詳細製品概要
ブランド: Transcom/ODM コネクタ: LC
率: 1.25Gb/s 距離: 40 km

製品説明

TRANSCOM TS- SF - 1312-40D スモールフォームファクタプラガブル(SFP) トランシーバ は、スモールフォームファクタプラガブルマルチソーシング契約(MSA)と互換性があります。 トランシーバは 、LDドライバ、 リミティング アンプ 、デジタル診断モニタ、DFBレーザ、PINフォトディテクタ の5つの​​セクションで構成されてい ます。モジュールデータは、9 / 125umシングルモードファイバで最大40KMまでリンクします。

Tx DisableのTTL論理ハイレベル入力によって光出力を無効にすることができ、システムはI2Cを介してモジュールを無効にすることもできます。 Tx Faultは、レーザーの劣化を示すために提供されています。 信号損失(LOS)出力は、受信機の入力光信号の損失またはパートナーとのリンク状態を示すために提供されています。 システムは、I2Cレジスタアクセスを介してLOS(またはLink)/ Disable / Fault情報を取得することもできます。

注文情報

製品番号

データレート

(Mbps)

メディア

波長

(nm)

送信

距離(km)

温度範囲(Tケース)(
TS- SF - 1312-40D 1250 シングルモードファイバ 1310 40 0〜70 商業の
TS- SF - 1312-40DE 1250 シングルモードファイバ 1310 40 -10〜80 拡張された
TS- SF - 1312-40DA 1250 シングルモードファイバ 1310 40 -40〜85 工業用

ピンの説明

ピン シンボル 名前/説明 参考文献
1 V EET 送信機グランド(受信機グランドと共通) 1
2 T FAULT トランスミッタ障害
3 T DIS 送信機を無効にします。 ハイまたはオープン時にレーザー出力は無効 2
4 MOD_DEF(2) モジュール定義2.シリアルIDのデータ行。 3
5 MOD_DEF(1) モジュール定義1.シリアルID用のクロックライン。 3
6 MOD_DEF(0) モジュール定義0。モジュール内で接地されています。 3
7 レート選択 接続不要 4
8 LOS 信号消失の兆候。 ロジック0は通常動作を示します。 5
9 V EER レシーバグランド(トランスミッタグランドと共通) 1
10年 V EER レシーバグランド(トランスミッタグランドと共通) 1
11 V EER レシーバグランド(トランスミッタグランドと共通) 1
12年 RD- 受信機反転データ出力。 AC結合
13年 RD + 受信機非反転DATA出力。 AC結合
14年 V EER レシーバグランド(トランスミッタグランドと共通) 1
15年 V CCR 受信機の電源
16 V CCT 送信機の電源
17年 V EET 送信機グランド(受信機グランドと共通) 1
18年 TD + トランスミッタ非反転DATA in AC結合。
19年 TD- トランスミッタ反転データ入力。AC結合。
20 V EET 送信機グランド(受信機グランドと共通) 1

ノート:

1. 回路アースはシャーシアースから内部的に絶縁されています。

2. T DIS > 2.0Vで レーザー出力がディセーブルされている か、T DIS <0.8V で有効になっている

3. ホスト基板上で4.7k〜10kΩで2.0V〜3.6Vの電圧にプルアップする必要があります。MOD_DEF(0)はラインをローに引き下げてモジュールが接続されていることを示します。

4. これは、複数のデータレート(ファイバチャネル1倍速および2倍速)との互換性のためにレシーバ帯域幅を制御するために使用されるオプションの入力です。実装されている場合、入力は30kΩ以上の抵抗で内部でプルダウンされます。 入力状態は以下のとおりです。

低(0 - 0.8V):帯域幅が減少

¤ (> 0.8、<2.0V):未定義

高い(2.0 - 3.465V): 全帯域幅

オープン:帯域幅の削減

5. LOSはオープンコレクタ出力で、ホストボード上で4.7k〜10kΩで2.0V〜3.6Vの電圧にプルアップする必要があります。 ロジック0は通常動作を示します。 ロジック1は信号の消失を示します。

図2 ホストボード上のコネクタブロックからピンアウト

II。 絶対最大定格

パラメータ シンボル タイプ 最大 単位 注意
保管温度 Ts -40 85
保管時の周囲湿度 H A 5 95年
電源電圧 V CC -0.5 4 V
信号入力電圧 -0.3 Vcc + 0.3 V
受信機ダメージしきい値 +5 dBm

III。 推奨動作条件

パラメータ シンボル タイプ 最大 単位 注意
ケース動作温度 T ケース 0 70 TS- SF - 1312-40D
-10 80 TS- SF - 1312-40DE
-40 85 TS- SF - 1312-40DA
周囲湿度 H A 5 70 結露しない
電源電圧 V CC 3.13 3.3 3.47 V
電源電流 CC 280 mA
電源ノイズ除去 100 mVp-p 100Hz〜1MHz
データレート 1250/1250 Mbps 送信レート/受信レート
伝送距離 40 KM
結合ファイバ シングルモードファイバ 9 / 125um SMF

送信機の仕様

パラメータ シンボル タイプ 最大 単位 注意
平均出力パワー P OUT -5 0 dBm
消光比 ER 9 dB
中心波長 λC 1270年 1310 1360年 nm DFBレーザー
サイドモード抑制比 SMSR 30 dB
スペクトル帯域幅(-20dB) σ 1 nm
送信機オフ出力電力 P オフ -45 dBm
差動ライン入力インピーダンス りん 90 100 110 オーム
ジッタPP t J 128 ps 注(1)
出力アイマスク IEEE802.3 z(クラス1レーザー安全)に準拠 注(2)

注(1):2 ^ 7-1 NRZ PRBSパターンで測定

注(2):送信機アイマスク定義

連絡先の詳細
Shenzhen Transcom Technology Limited

コンタクトパーソン: Iris

電話番号: +8618924996170

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)